カテゴリー別アーカイブ: 未分類

がん家系の真偽

【がん家系】という言葉をよく耳にします。
父方ががん家系だから・・・、祖父ががんんで亡くなっているから・・・などです。

がん家系と聞くと、【将来がんになりやすい】というイメージを持つ人が多いと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

(参考)
http://hoken-kyokasho.com/gankakei

1.遺伝性のがんと認められるのは約1%!
がん学会によりますと、がんが遺伝する確立は部位にもよりますが、平均で1%以下と非常に低い確率なのです。
遺伝性のがんとして有名なのが、網膜芽細胞腫です。
乳幼児に多い病気で出生児の約15,000人~16,000人に1人の割合で発症します。

網膜に腫瘍ができ、視力が低下しますが、早く治療が行われれば生命にかかわることは少なく、治癒させることができます。全国では約9割の患者さんが治療後5年の経過以降も生存しています。

2.遺伝性腫瘍にはどのようなものがあるのか
遺伝性と考えられるがんは平均で約1%とお話しましたが、がんは遺伝と環境の微妙なバランスで発生することがわかってきています。
環境などの影響で説明できるがんもあれば、遺伝の影響がかなり大きいことも知られてきています。
もちろん全てのがんが遺伝するわけではありません。
遺伝するがんにはどのようなものがあるのでしょうか。

主な遺伝性腫瘍の例
・大腸がん
・乳がん・卵巣がん
・骨軟部肉腫
・皮膚がん
・泌尿器がん
・脳腫瘍
・眼のがん
・内分泌系(ホルモンを作る臓器)の腫瘍

遺伝性腫瘍では、多発のがんや超重複がしばしば見られるので、大腸がんの治療を受けながら、婦人科で子宮がんや卵巣がんの検診も受けることもあるそうです。

■遺伝性がんの原因とは
遺伝性腫瘍のほとんどはがん抑制遺伝子の生まれつきの異常(変異)が原因です。
がん抑制遺伝子は、体の細胞ががんになるのを防ぐ(抑制する)働きを持っています。
細胞の1つ1つには、父と母の2つのものが合わせて2個ずつ入っています。
細胞1つの中にある2個の遺伝子を自転車の前輪と後輪に例えて下さい。
通常は2個のブレーキが正常に働く状態で人生がスタートします。
たまたま2つあるうちの1つのブレーキが壊れても、もう1つのブレーキがきちんと機能していれば、その細胞ががんになることはありません。
しかし、残りのブレーキも壊れてしまうと、細胞はがん化します。
遺伝性がんの患者さんの場合、うまれつき体中の細胞のそれぞれが持っている2個のがん抑制遺伝子のうち、片方に変異があります。
1個の細胞が変異している状態で人生をスタートしているので、一般の人よりがんになる可能性が高いのです。

3.がんは生活習慣が原因の可能性の方が大きい?
実際、親や兄弟、親戚にがんになる人が多いというのは確かに存在する気がします。
しかし先ほどもお伝えした通り、遺伝性と考えられるがんは極稀なケースなのです。
がんにかかる人が多い家系は「遺伝性」というものより、その家系の「生活習慣や体質」を共有していることががんリスクの原因を高めている場合が多いということを覚えておきましょう。

遺伝からくるがんは稀なケースです。
そしてがんは予防することができる病気でもあります。がん予防の対策が効果的に実施されれば、がんの発生率と死亡率を下げることができます。
がんの原因の多くは遺伝性のものよりも飲酒や喫煙、食事などの生活習慣からくるものが多いです。

国立がんセンターがん予防・検診研究センターが、2005年6月に発表した、「日本人に推奨できる科学的根拠に基づく予防法」です。
以下の8項目からなっています。

①たばこを吸う人は禁煙。吸わない人も、他人のたばこの煙を可能な限り避ける。
②適度な飲酒。具体的には、日本酒換算で1日1合(ビールで大瓶1本)程度以内。飲まない人は無理に飲まない。
③野菜・果物を少なくとも一日400グラムとるようにする。例えば、野菜は毎食、果物は毎日。
④塩蔵食品・塩分の摂取は最小限。具体的には、食塩として1日10グラム未満、秋穂から練りうになどの高塩分食品は、週に1回以内。
⑤定期的な運動の継続。例えば、ほぼ毎日合計60分程度の歩行などの適度な運動、週に1回程度は汗をかくような激しい運動。
⑥成人期での体重を維持する。(太り過ぎない、痩せ過ぎない)BMIでは20以上27以下を推奨しています。
⑦熱い飲食物は最小限。例えば、熱い飲料はさましてから飲む。
⑧肝炎ウイルス感染の有無を知り、その治療(感染者)や予防(未感染者)の措置をとる。

上記より、がんにつながる遺伝子の変化は後天的なものですので、遺伝性の【がん】はかなりレアなケースとのことです。
がんは生まれてから何十年もの間にさまざまな要因を積み重ねっていた結果、遺伝子が傷つくことで引き起こされる病気です。


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和

大切なのは免疫力アップ

がんの三大治療は、ご存知のとおり、手術(切る)、放射線治療(焼く)、抗がん剤(投薬)です。

しかし、多くの患者様は、この三大治療を行なっても、臓器不全を引き起こして亡くなられます。
抗がん剤は、同時に、正常な臓器をも傷つけてしまうのです。

では、がんには対峙するには、何が大切なのでしょうか。

・・・そう、免疫力を高めることが何よりも大切なのです。

【免疫力をアップするのに必要なこと】
(参考)http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/00ca6149c5649e7b76fc4e08de381d07

■腸をきれいにする。
免疫細胞の6割は腸にあります。
■体温を36度後半にする。
体温が高いと免疫力が高まりますし、がんは熱に弱い。
■制ガン効果のあるビタミンやミネラル群を多くとり、油や乳製品・肉類を控える食事。
なるべく身体の酸化を防ぐ。
■血行をよくする。
免疫を支配しているリンパ液は筋肉を動かさないと機能しない。
■身体を休める。
がんは夜行性、22時から4時は身体を温かくして休む。
■楽天的に考える。
がんと闘うのは自分と闘うようなもの、共存できればいいや、と気楽に考える。
くよくよしない。
「がん細胞が広がらない一日」を続ければ、5年でも10年でも大丈夫!と信じる。
元気ながん経験者に会って話を聞くと気が楽になる。
■イメージする。
自分の細胞が変異したがんを反抗期の子供だと思って、「そのうち元のいい細胞に戻るよね」とがんに言い聞かせる。

患者様が実践した具体的な行動は・・・

【実践内容】
■腸をきれいにする
・朝のにんじんジュース(毎朝、作りたてを飲む)。
・乳酸菌や発酵食品を摂取。
・玄麻黄枇糖(げんまおびとう)というおやつを食べる。
・免疫力アップの食事(玄米・魚・野菜。お肉は週一で鳥肉または卵。白砂糖と乳製品はNG。野菜・海藻・豆類をまんべんなく摂る)。
■がんに直接働きかける(主に寝る前)
・レモン(ビタミンC)摂取する。
・ビワの葉っぱを患部に貼ってその上からこんにゃく温湿布。
・漢方を飲む。
■体温を上げる(血行をよくする)
・入浴。
・30分の散歩。
・足つぼマッサージ。
・ストレッチやスクワット。
■その他
・笑う(作り笑いでも)。
・生命力あふれる小さい子どもと遊ぶ。
・ストレスをためない(いやな事はしない)。

がんの種類・状態は人それぞれですが、ぜひ参考にしてみてください。
とくに自分が少し意識するだけで簡単にできること・・・【笑う】こと。
日々の生活を笑顔で送りましょう!


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和

がんに効果的な食べもの(5種類)

(参考URL)
http://beforeitsnews.com/health/2012/09/5-fabulous-foods-that-kill-cancer-2448604.html

何人かのがん研究者によると、人は生まれてから死ぬまでの間に何回かは致命的な病気にかかると言われています。

自分の身体の中の健康な細胞が【がん細胞】に変ってしまったと疑う人はいないでしょう。
なぜなら、人の持つ免疫システムが素早く悪性腫瘍を識別し、がんに変わってしまった細胞を破壊するからです。

100歳以上を生きる人がいるなかで、末期がんで亡くなる人もいます。
なぜ、人によっては、がん細胞が身体の中に根をはらないのでしょうか。
確かに、遺伝によるものも大きな役割を果たしていますが、生活環境やストレスもがんになる要因です。

では、食べものはどうでしょうか。
食べものも重要な要素です。
発がん性のある添加物や食べものもありますし、抗がん作用のある食べものもあります。
以下の5種類の抗ガン作用のある食べものに注目しましょう。
研究の結果、これらの食べものは、がんになる確率を50%も減らし、がんになるリスクを激減させることが分かりました。

1.唐辛子
唐辛子の薬効成分は、一番良いとされるハーブと同じ効果があります。
とくに消耗性疾患に良く効きます。
現代医学はがんを消耗性疾患と呼びます。
生の唐辛子でも乾燥した唐辛子でも、どちらも、がん細胞を効果的に殺し、がん細胞の増殖を抑えます。

2.ニンニク
古代アジアの導師達は、ニンニクは病気を治す魔法の食べ物だと言っています。
ニンニクは病気全般と戦ってくれます。
天然の抗生物質であり、抗がん作用のある食べ物なのです。

3.ブロッコリー
ブロッコリーは、驚くほど病気を治す力があります。
がんの発生を抑えるスルフォラファンと呼ばれる成分によるものです。
研究により、とくに乳がんの場合、スルフォラファンががん細胞を攻撃することがわりました。
ブロッコリーエキスは、がんを予防し、重症のがんを治す可能性を秘めています。
ブロッコリーにマスタードやワサビを添えたり大根と一緒に食べると、ブロッコリーの抗がん作用が強まります。
1週間に3~5回、ブロッコリーを食べると効果的です。
また、ブロッコリースプラウトには、同じく抗がん作用があるミロシナーゼという酵素が多く含まれています。
ブロッコリーは抗酸化作用があり、また、炎症を防ぎます。
皮膚がん、乳がん、大腸がんなどにも非常に効果があります。

4.イチジク
イチジクは性欲を促進します。
また、イチジクはがん細胞を麻痺させることが分ってきました。
特に前立腺がんに良く効きます。

5.緑茶
緑茶の素晴らしい効用は五年前に中国で発見されました。
緑茶は、それほど多くの慢性病に効果的であるとは言えませんが、多くの種類のがんや認知症に効果があります。
緑茶は、アルツハイマーに効果的であり、また、抗がん作用があります。
緑茶は古くから中国で薬として使われてきました。
緑茶は生活習慣病予防に効果的だと分かりました。
緑茶成分は腫瘍の成長を遅らせます。
まずは、健康的な食生活と適度な運動、そして健康的なライフスタイルを続けることが重要です。
緑茶を1日1杯飲むことをおすすめします。

以上の5種類の食べものは、多くの病気を予防します。
とくに、がん予防に効果的です。

私たちにも身近な食べものばかりなので、日頃から意識的に取り入れていければよいのではないでしょうか。


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和

ストレスも【がん】の原因に

【医者には治せないかもしれないが、がんは不治の病ではない】といわれることがあります。

明るくておおらかな人、小さなことにはこだわらない人は、がんになりにくく、がんになっても再発や転移が少ないといいます。
反対に、性格が暗く、神経質で、小さなことにもこだわる人は、がんになりやすく、治りにくいといいます。

【ストレス】は、心だけでなく、身体にも大きな影響を与え、血糖値やを血圧・コレステロール値を上げたり、免疫力を低下させます。
その結果、さまざまな病気を引き起こす原因となるのです。

多くの病気は、過度のストレスによって、交感神経が一方的に緊張することで発症します。
中でも、患者にとって一番深刻なのは、ストレスの影響からくる免疫力の低下です。

免疫力は、主に血液中の白血球の一部であるリンパ球が担っており、小さな病原体やがん細胞に対峙しています。
つまり、リンパ球の数が多いほどがんは進行しづらくなります。
ただ、リンパ球の数はつねに一定ではなく、自律神経によって調節されています。
リラツクスして副交感神経が優位になるとリンパ球は増え、ストレスを抱えて副交感神経が働きにくくなるとリンパ球は減少してきます。

さらに、ストレスなどにより、交換神経の緊張が続くと、アドレナリンの作用が強まり、顆粒球が増加し、その結果、血流障害やリンパ球の減少、排泄・分泌能力の低下、低体温、低酸素、高血糖が起こって免疫力が低下してしまいます。

そのようにして、身体にとって過酷な環境が続くことで、細胞のがん化を引き起こすことになります。

ですから、日頃からストレスをためないことが病気にならないために最も重要なことなのです。
仕事で心身が疲れたら、きちんと休憩をとったり、ぬるま湯のお風呂にゆったりと入ったり、音楽を聴いたり、適度に運動をしたり、食事をゆっくりと楽しんだり、リラックスすることが本当に大切なことです。


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和

【がん死亡率】日本は増加、アメリカは減少

2014年の日本における【がん死亡者数】は 36万 7,100人。
1年は365日ですから、1日当たりに亡くなっている方の数は・・・。

数字でみると実感しづらいですが、そこには患者様とそのご家族の、およそ36万件のドラマがあります。

厚生労働省の資料によりますと、日本のがん死亡率は年々増え続けています。
一方、アメリカのがん死亡率はこの30年間、減少傾向にあります。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai08/kekka3.html
http://www.gan-info.com/91.html

20150730a

20150730b

 

では、一体なにが違うのでしょうか・・・?

実は、アメリカでは、30年ほど前から、国家プロジェクトとして、手術、放射線治療、抗ガン剤治療といった三大治療から脱しはじめたそうです。
そして、東洋医学、食餌療法、健康食品などをはじめとする【代替医療】の比重を高めたことがその要因であるといわれています。

現在のアメリカでは、約 60%の医師が代替医療を推奨しているそうで、WHO (世界保健機関)が医学的根拠があるとして認めている代替医療もたくさんあります。
・栄養免疫学を背景とした食餌療法
・機能性食品などのサプリメント療法
・ストレスを減らして免疫力を高める心理療法
・東洋医学(漢方・鍼灸・気功など)
・インド医学(アーユルヴェーダ)

日本でも、三大治療のほかにも様々な選択肢があることがもっと広く認知されれば【がん死亡率】は減少するに違いありません。


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和