放射線治療と副作用


放射線治療は、細胞が増えないようにしたり、細胞が新しい細胞に置き換わるときに脱落する仕組みを促すことで、がん細胞を消滅させたり、少なくしたりする治療法です。
放射線治療のメリットは、手術によって切除することがないこと。
また、がんに対して治療効果を期待できることです。

がんの種類によって、治療効果は大きく異なり、治療する場所などによって副作用が起こることもあります。

例えば、副作用としては、下記のようなものが、主に放射線を当てた場所に起こります。
■疲労感、だるさ
■食欲がなくなる
■皮膚の赤み、かゆみ
■吐き気
■下痢
■口の中の渇き(口腔乾燥)
■口内炎
■脱毛

放射線治療を受ける前に、その治療の内容と副作用を事前に確認しましょう。

(引用・参考)
http://ganjoho.jp/hikkei/chapter3-1/03-01-06.html
http://ganclass.jp/kind/lung/therapy/therapy03.php
http://houshasenchiryou.kuron.jp/


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和