年齢とがん発症の関係


日本人の死因の第1位、【がん】・・・。

がんと診断される年齢には何らかの傾向があるのでしょうか。
実は、45歳から急激に【がん】と診断される件数は増えていきます。
そして、50歳~70歳にかけて上昇し続けるのです。

性別でみると、女性の場合は、子宮頸がん、乳がんなど若いうちに発症することがあるため、20歳から40歳までは女性の罹患率の方が高く、40歳代後半となると男性の罹患率の方が上昇し、男性の方が【がん】にかかりやすい傾向が生涯続くというデータがあります。

さらに、生涯において【がん】にかかる率は、女性が41%、男性は54%。
男性は女性より【がん】にかかりやすいそうです・・・。
(男性の方が喫煙率や飲酒量が多く、仕事などからストレスを受けやすいこと、閉経前の女性は性ホルモンの働きで内臓脂肪の蓄積が少ないことなどが関与していると考えられます)。

いずれにしても定期的な健康診断や検診で、【がん】を早期に発見することが大切です。

(引用・参考)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2602T_W2A620C1000000/


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和