がんに効果的な食べもの(5種類)


(参考URL)
http://beforeitsnews.com/health/2012/09/5-fabulous-foods-that-kill-cancer-2448604.html

何人かのがん研究者によると、人は生まれてから死ぬまでの間に何回かは致命的な病気にかかると言われています。

自分の身体の中の健康な細胞が【がん細胞】に変ってしまったと疑う人はいないでしょう。
なぜなら、人の持つ免疫システムが素早く悪性腫瘍を識別し、がんに変わってしまった細胞を破壊するからです。

100歳以上を生きる人がいるなかで、末期がんで亡くなる人もいます。
なぜ、人によっては、がん細胞が身体の中に根をはらないのでしょうか。
確かに、遺伝によるものも大きな役割を果たしていますが、生活環境やストレスもがんになる要因です。

では、食べものはどうでしょうか。
食べものも重要な要素です。
発がん性のある添加物や食べものもありますし、抗がん作用のある食べものもあります。
以下の5種類の抗ガン作用のある食べものに注目しましょう。
研究の結果、これらの食べものは、がんになる確率を50%も減らし、がんになるリスクを激減させることが分かりました。

1.唐辛子
唐辛子の薬効成分は、一番良いとされるハーブと同じ効果があります。
とくに消耗性疾患に良く効きます。
現代医学はがんを消耗性疾患と呼びます。
生の唐辛子でも乾燥した唐辛子でも、どちらも、がん細胞を効果的に殺し、がん細胞の増殖を抑えます。

2.ニンニク
古代アジアの導師達は、ニンニクは病気を治す魔法の食べ物だと言っています。
ニンニクは病気全般と戦ってくれます。
天然の抗生物質であり、抗がん作用のある食べ物なのです。

3.ブロッコリー
ブロッコリーは、驚くほど病気を治す力があります。
がんの発生を抑えるスルフォラファンと呼ばれる成分によるものです。
研究により、とくに乳がんの場合、スルフォラファンががん細胞を攻撃することがわりました。
ブロッコリーエキスは、がんを予防し、重症のがんを治す可能性を秘めています。
ブロッコリーにマスタードやワサビを添えたり大根と一緒に食べると、ブロッコリーの抗がん作用が強まります。
1週間に3~5回、ブロッコリーを食べると効果的です。
また、ブロッコリースプラウトには、同じく抗がん作用があるミロシナーゼという酵素が多く含まれています。
ブロッコリーは抗酸化作用があり、また、炎症を防ぎます。
皮膚がん、乳がん、大腸がんなどにも非常に効果があります。

4.イチジク
イチジクは性欲を促進します。
また、イチジクはがん細胞を麻痺させることが分ってきました。
特に前立腺がんに良く効きます。

5.緑茶
緑茶の素晴らしい効用は五年前に中国で発見されました。
緑茶は、それほど多くの慢性病に効果的であるとは言えませんが、多くの種類のがんや認知症に効果があります。
緑茶は、アルツハイマーに効果的であり、また、抗がん作用があります。
緑茶は古くから中国で薬として使われてきました。
緑茶は生活習慣病予防に効果的だと分かりました。
緑茶成分は腫瘍の成長を遅らせます。
まずは、健康的な食生活と適度な運動、そして健康的なライフスタイルを続けることが重要です。
緑茶を1日1杯飲むことをおすすめします。

以上の5種類の食べものは、多くの病気を予防します。
とくに、がん予防に効果的です。

私たちにも身近な食べものばかりなので、日頃から意識的に取り入れていければよいのではないでしょうか。


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和