ストレスも【がん】の原因に


【医者には治せないかもしれないが、がんは不治の病ではない】といわれることがあります。

明るくておおらかな人、小さなことにはこだわらない人は、がんになりにくく、がんになっても再発や転移が少ないといいます。
反対に、性格が暗く、神経質で、小さなことにもこだわる人は、がんになりやすく、治りにくいといいます。

【ストレス】は、心だけでなく、身体にも大きな影響を与え、血糖値やを血圧・コレステロール値を上げたり、免疫力を低下させます。
その結果、さまざまな病気を引き起こす原因となるのです。

多くの病気は、過度のストレスによって、交感神経が一方的に緊張することで発症します。
中でも、患者にとって一番深刻なのは、ストレスの影響からくる免疫力の低下です。

免疫力は、主に血液中の白血球の一部であるリンパ球が担っており、小さな病原体やがん細胞に対峙しています。
つまり、リンパ球の数が多いほどがんは進行しづらくなります。
ただ、リンパ球の数はつねに一定ではなく、自律神経によって調節されています。
リラツクスして副交感神経が優位になるとリンパ球は増え、ストレスを抱えて副交感神経が働きにくくなるとリンパ球は減少してきます。

さらに、ストレスなどにより、交換神経の緊張が続くと、アドレナリンの作用が強まり、顆粒球が増加し、その結果、血流障害やリンパ球の減少、排泄・分泌能力の低下、低体温、低酸素、高血糖が起こって免疫力が低下してしまいます。

そのようにして、身体にとって過酷な環境が続くことで、細胞のがん化を引き起こすことになります。

ですから、日頃からストレスをためないことが病気にならないために最も重要なことなのです。
仕事で心身が疲れたら、きちんと休憩をとったり、ぬるま湯のお風呂にゆったりと入ったり、音楽を聴いたり、適度に運動をしたり、食事をゆっくりと楽しんだり、リラックスすることが本当に大切なことです。


補完代替医療紹介サイト【名医の窓口】~がんの根治・補完・痛みの緩和