食餌療法(マクロビオティック・ファスティング等)


食餌療法(しょくじりょうほう)は食事療法ともいいます。
食餌療法とは、食事の量やバランス、また成分を調節することによって、病気の療養をはかったり、病気の臓器を守り健康管理をはかることをいいます。
糖尿病、腎臓病、高血圧症などで行われることが多い療法です。

食生活の気をつける点として、
腹八分目とする。
食品の種類をできるだけ多くする。
脂肪を控えめに
食物繊維を多く含む食品(野菜、海藻、きのこなど)をとる。
朝食、昼食、夕食を規則正しくとる。
ゆっくりよくかんで食べる。
・・・などがあげられます。

■エネルギー調整食
主に糖尿病の治療目的に用いられる食事。
■塩分制限食
高血圧、心不全、慢性腎臓病(CKD)や肝不全といった浮腫性疾患の治療の際に用いられる治療食。
■カリウム制限食
腎不全、透析の際に用いられる食事。
■ヨウ素制限食
甲状腺の疾患の際に用いられる食事。
■鉄制限食
C型肝炎の際に用いられる食事。

参考:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/


名医の窓口は、【癌(がん)】を宣告された患者様やご家族に、補完・代替医療や痛みの治療を行う名医をご紹介するWebサイトです。


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス