運動療法


運動療法は、身体の全体または一部を動かすことで症状の軽減や機能の回復を目指す療法のことをいい、治療体操、機能訓練ともいわれます。

運動療法というのは、その名称どおり、運動すること、つまり身体を動かすこと、を治療法として用いることです。
運動療法には関節可動域回復訓練、麻痺回復促進訓練、歩行訓練、筋力増強、心肺機能改善訓練などが含まれます。

理学療法士が行う治療では、日常生活活動訓練、物理療法などと並び主用な治療法のひとつです。

健康維持・増進における運動の効果が医学的に認識され、運動医学・スポーツ医学が研究されるようになって、生活習慣病などに効果が期待されている分野です。
運動療法は、現在は主に生活習慣病(高血圧・動脈硬化・虚血性心疾患・糖尿病・高脂血症等)に効果的とされています。

■運動療法の意義
・関節可動域、筋力、協調性の改善
・肺活量の増大
・最大酸素摂取量、最大酸素負債量の増加
・心拍出量の増加と心拍数の低下
・運動時の血圧上昇が低く抑えられる
・糖代謝の改善
・脂質代謝の改善

参考:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/


名医の窓口は、【癌(がん)】を宣告された患者様やご家族に、補完・代替医療や痛みの治療を行う名医をご紹介するWebサイトです。


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス