気功


気功は、中国伝統の民間療法、代替治療です。
中国では中医学の経絡理論などと結びついて、健康法として太極拳と同様公園などで広く行なわれてきました。
また、一定の医療効果を上げてきたので、中国では病院や療養所などで気功科を併設している場合もあります。
中国では現在、健身気功という政府公認の気功を編集しています。

日本や台湾では中国と交流が深く、気功各派の自由な交流があり、武術、健康法や民間体育、各国の伝統療法、現代の臨床心理療法などとも結びつきながら、様々に進化発展しています。

日本ではスピリチュアル思想や苫米地英人に端を発するアファメーションやスコトーマ、コーチングなどの用語でもって気功が語られる向きが多く、また多くの日本人もそういった概念でもって気功を理解しようとする風潮があります。

気功は、主に体内に「気」を循環させ「気」の質やコントロールする能力を高める内気功と、身体に必要な「良い気」を外から体内に入れ、身体に合わない「悪い気」を体外に排出させるなど「気」の積極的な交換を行う外気功とに大別されます。

■「気」とは
気は目には見えないが何らかの働きのあるものととらえることができます。
伝統中国医学では気血と言えば、具体的に体を巡っているものと考えられ、西洋医学で血液が血管を巡るのと同様に気は経絡を巡るものと考えられています。
また、気は伝わる性質を持つといわれています。
例えば「人から人へと瞬時にある状態が伝わる」。
そうした現象を利用して外気治療などが行われることがあるが、あくびや笑いが伝染するように、そうした気の現象は日常生活の中に常にあります。
また、公園で樹木と向き合ったり、海辺で波を感じたりしながら、自然界の気と交流することも気功ではよく行われています。

参考:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/


名医の窓口は、【癌(がん)】を宣告された患者様やご家族に、補完・代替医療や痛みの治療を行う名医をご紹介するWebサイトです。


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス