サプリメント(健康食品)


サプリメントとは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つであるダイエタリー・サプリメント(dietary supplement)の訳語で、狭義には、不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品をいいます。
ほかにも生薬、酵素、ダイエット食品など様々な種類のサプリメントがあります。
広義には、人体に与えられる物質という意味で食品以外にも用いられます。
栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれます。
2013年12月にアメリカの研究者らによって、栄養不足のない人にとっては、ビタミンやミネラルのサプリメントは慢性疾患の予防や死亡リスクの低減に効果はなく、ビタミン・ミネラルの一部は特定の疾患リスクを高める可能性があると報告されました。

5大栄養素とは糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルを指し、前3者を3大栄養素、後2者を微量栄養素と呼びます。
多くのビタミンが作用するためにはミネラルが必要であり、3大栄養素が作用するためには微量栄養素が必要です。
こうした栄養素の中では、必須ビタミン、必須ミネラル、必須脂肪酸が不足しやすいと考えられます。
元来、狭義のサプリメントは生体に不足した栄養素を補充する目的で用いられていました。

1990年頃から、国民の健康意識の高まりやテレビ番組での紹介によりサプリメントへの認識は広まり、また医療費高騰の対策として国政として予防医学を進めて法整備や規制緩和が行われ、また一般の人に健康維持の意識を高めてもらう目的で推進されていることもあり、日本でも一大市場となっています。

【種類】
■製法からの分類
化学合成サプリメント
天然素材を利用し化学合成したサプリメント
■法的な分類
日本では、狭義のサプリメントは法的に食品に分類されます。
■特定保健用食品
厚生労働省から認可を得ることで特定の保健用途における効能を表示することが可能です。
ただし錠剤や粉末状のものは認可されない現状にあることからここに分類されるサプリメントは今のところありません。
■栄養機能食品
12種類のビタミンと5種類のミネラルのいずれかが一定量含まれ、その栄養素の機能を厚生労働省に届出や申請なしに表示できる食品であり、2001年4月に創設された保健機能食品制度により規定される保健機能食品をいいます。
■代表的なサプリメント成分
ビタミンA/ビタミンB/ビタミンC/ビタミンD/ビタミンE/ビタミンH/ビタミンK/ビタミンP/ビタミンU/コバラミン
亜鉛/鉄/銅/クロム/セレン/マグネシウム/カルシウム/カリウム/ナトリウム/コバルト/モリブデン/ヨウ素/リン/MSM
トリプトファン/スレオニン/ロイシン/イソロイシン/リジン/メチオニン/フェニルアラニン/ヒスチジン/アスパラギン/セリン/プロリン/グルタミン/チロシン/DNA
αリノレン酸/EPA/DHA/アラキドン酸/ガンマリノレン酸

参考:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/


名医の窓口は、【癌(がん)】を宣告された患者様やご家族に、補完・代替医療や痛みの治療を行う名医をご紹介するWebサイトです。


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス