レヨコンプ


layo

レヨコンプは、ドイツ振動医学のバイオレゾナンス・テクノロジーの最先端を行くドイツ・レヨネックスの波動測定器です。

レヨコンプを用いた共鳴周波数の測定によって、自分の身体にエネルジエティック・ブロッケードが発生しているかどうかを探知することができます。
このブロッケードには、病気を引き起こしたり、今、患っている病気をさらに悪化させる危険性があるためそのまま放置しておくのはよくありません。
レヨコンプは、送出する波動の力で、ブロッケードを取り除くことができます。

身体のエネルギーの流れを正常化し、元々、細胞や組織がもっているライフパワーを取り戻せるように、ブロッケードを除去する操作のことを「波動調整」あるいは「ハーモナイズ」といいます。

バイオレゾナンス・メソッドには、西洋医学のように病名を突き止め、診断する作業はありませんし、病名を知る必要もありません。
たとえば、腸のポリープのブロッケードは、「64.00」の周波数に反応します。
この周波数は、生命エネルギーの滞りを教えてくれる数字であり、それによってわかるのは、ポリープの存在ではなく、特殊なブロッケードの存在という波動的な事象です。

つまり、病気の原因となる危険性のあるエネルジェティツクな異常を検知し、それをハーモナイズすることで滞りが解消すれば、身体の細胞や組織が本来もっているライフパワーがよみがえってくるのです。

波動調整の操作はいたって簡単です。
「64.00」のブロッケードをハーモナイズするのは、レヨコンプから出力される「64.00」の波動です。
つまり測定で検知した周波数が、そのまま波動調整の周波数になります。layo_book

なぜ、測定した周波数でハーモナイズできるのかは
レヨネックスの創始者であるドイツのパウル・シュミットらが
経験的に発見したものです。
※「新しい波動健康法」の著者、野呂瀬氏は「64.00は、
 ブロッケードの周波数というより、ブロッケードを見つけ出し、
 それを解除する波動の周波数と考えるのが一番わかりやすい
でしょう。」と説明しています。

 

 

波動調整の注意事項
波動調整は、レヨコンプに接続された2つのベルトディテクタを両手に巻いて行います。
足を乗せるタイプのプレートディテクタや、首にかけるベルトディテクタなどを用いて、リラックスした体勢で行うこともできます。
ベルトディテクタのかわりに、ラージエリアディテクタをイスの背もたれにかけて座ってもいいし、ベッドのシート代わりに敷いたりして、横になっても問題ありません。

波動に影響を与える金属類は(金属製バンドの腕時計、指輪、ネックレス、メガネなど)は波動を乱すため外してください。
ハーモナイズの最中に、トイレに行きたくなることがありますが、途中でハーモナイズを中断しても問題ありません。
これは波動調整で新陳代謝が活発になり、毒素や老廃物の排出が促される結果といえます。
後ほど、再開してください。

喉がかわいたら、途中で水分を補給してください。
水分を補給することでエネルジェティツクの流れがよくなるといわれています。
調整後は、できるだけ水分を摂るようにしてください。

プリコントロールの調整時問は、1周波数30秒が目安となります。
ブロッケードを解消するトリートメントの際は、センサーの動きが変わるまで行いますが、ブロッケードの頑固さによって、その時間はまちまちです。

はじめのうちは1周波数5分程度、しぶといブロッケードでも、一日1周波数あたり30分以内がよいといわれています。

メインチャクラを除くと、毎日プリコントロールを行ってもあまり効果はありません。
「生命エネルギー(気)」を取り込みながら、身体が自己調整するには時間がかかります。

初心者の場合、急性のケースでは1日おき、慢性の場合は週に1回または2回が標準です。

ハーモナイズの前に、チャクラの周波数においてレゾナンス(共鳴)があるかどうかをチェックします。
0=100,95,90,85,70,55,45の7周波数
松果体、辺縁系中枢、視床下部,基底核、視床、脳下垂体前葉・後葉の周波数(制御図表に記載あり)をチェックします。

めまいや頭重鱒ような一時的な悪化反応の徴候が出たときは、ハーモナイズを中止して、22日または3日間の様子をみてから再開してください。

ハーナイズのときには、最低でも500mlのミネラル分の少ない水を飲んでください。
身体がハーモナイズによって始動させられた自己調整を行うのを助けるといわれています。



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス