ニュースキャン2


NewScan2
ニュースキャンの基本コンセプト

この世に存在する物質は全て固有の周波数を持って存在しているという考え方(量子物理学)。

人体は多様な周波数を発し合いながら成り立つ偉大なコミュニケーションシステムであるという考え方。

自己回復力や恒常性の能力をサポート。

基盤となっているのは東洋医学やアーユルヴェーダ等のバイオエネルギー分野。


人を含めてこの世に存在する全ての物体には、それぞれ固有の周波数があります。
これは量子物理学において、マックス・プランクをはじめとしたノーベル物理学賞受賞者によって証明されており、物質を構成している最小単位である原子(電子)はもちろんのこと、その集合体である物質も振動しています。
細胞は、周りにごく微弱な電磁を放出しています。
この電磁放射は細胞同士の互いの情報交換にとても重要な役割を担っています。
器官や細胞は、通常1~10Hzの超低周波音を発しています。
それぞれの周波数を用いて、器官や細胞はコミュニケーションを取りながら情報の伝達を行っているといえます。
細胞同士が情報交換をするとき、それらは同じ周波数で同調していて、ラジオで声を聴くことができるのと同じで共鳴しています。
この共鳴周波が情報を送信しているわけです。
健康な時は、この情報交換がスムーズに行われている状態にあります。

未来の健康予報装置
超低周波音(1Hz~10Hz)を利用し、全身(約600ヶ所)を衣服着用のまま、ヘッドホンを装着するだけで、身体を簡単に短時間で総合的にチェックし、有益な健康度情報をもたらします。
これは先程も説明したとおり、細胞の働きに関係していて、健康な細胞は細胞同士がそれぞれ互いに連携しながら情報を伝達しあうことで健康が保たれています。
病気となる初動段階では、この細胞間の情報伝達がうまくいかなくなった状態だといえます。
ニュースキャンは、このバランスの乱れた状態をチェックします。
ニュースキャンは、細部にわたってチェックした健康度情報を簡単にパソコンの画面を通じてみることができるため、身体のバランス状態を理解しやすく、未病の段階で問題点を発見することが可能です。
また、不調の根源に対する気づきだけではなく、リスクファクターを受診者自身が画面上で確認できることは、健康管理、生活習慣改善のための有効なきっかけとなります。


メーカー(ロシア)提供動画



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス