アキュスコープ


acuscopeアキュスコープ誕生秘話

アキュスコープは宇宙開発NASAによって開発されました。
NASAとスポーツ界はケガの早期根本治療に電気治療が有効だということを以前より認識していました。
1970年代後半には、アキュスコープの原型が米国において発表されていましたが、医学界は電流や磁気を治療に使用する事に対して反発しました。

しかし、1983年に驚くべき症例が発生しました。
プロフットボール選手、テリー・ブラッドショウの右腕がオフシーズンの肘手術でひどく痛み、事実上、回復不能な状況に陥ってしまったのです。
そこで、彼はアキュスコープの治療を受け、1回目の施術で痛みと腫れは60%回復し、翌日2回目の施術では80%まで回復、10日後にはプロのリーグにプレイ復帰することができたのです。
「アキュスコープは、およそ一瞬にして痛みを取り除いてくれた。つまり、痛みの根っこによく効くんだ。たった4回の施術で、僕は今日何一つ痛みを感じることなくプレイしているんだ」。

それ以来、フットボールのスーパープレイヤーばかりでなく、様々なアスリートがアキュスコープを使うようになりました。
肘に慢性的な痛みを持っていたプロゴルファーのジャック・ニコラウスも、アキュスコープの施術を2~3回受けただけで、1週間にして痛みが完治した、と、アキュスコープの魅力を語っています。

また、サンフランシスコフォーティナイナーズのジョー・モンタナの右肘手術後にも、アキュスコープが使用され、早期回復を促しています。
手術の4週間後、モンタナは第一線に戻り、そのシーズンにチームを優勝に導いたのです!

このようにプロの一流アスリート達が次から次にアキュスコープを絶賛したことによって、アメリカのオリンピックスキーチームや、大学、医者、クリニックなど、幅広い機関がようやく注目するようになり、こうして市民権を勝ち取ったアキュスコープは、今や欧米ではガン治療の最先端医学領域に適用するための研究も進められているほど注目されているのです。acuscope_img1

アキュスコープの独自システム「相互会話」

痛みの治療器アキュスコープの「相互会話」微弱電流治療器「アキュスコープ」は、人それぞれの微妙な相違、あるいは瞬時刻々と変化する生体内の病的状態を感知し通電を行なっていくため、痛みの緩和とともに、組織の修復・再生も行なわれていきます。

一方的に刺激電流を患部に送る、従来の電気治療器とは違い、この微弱電流治療器はその方にとって最も効果的な微弱電流を送ります。
だからこそ、慢性疾患にお悩みの高齢者、突然のケガに苦しんでいるスポーツ選手にも
「早期回復」という高い効果が期待できるのです。

アキュスコープ波形特性
acupcope_hakei_img01acupcope_hakei_img02
アキュスコープの波形は、プラス方向へ生じる2秒間のパルス波形の後、マイナス方向へのパルス波形が続き、4秒間を1サイクルとして変調しながら繰り返されます。
パルスの電流波形の1つ1つは、オーバーシュート電流とプラトー電流の特性を持っており、器械内部ではそれぞれ、別々の電流出入力回路があります。
分極の影響は最小限ですが、影響を受けた各細胞の膜電圧は+、-交互に、それぞれ逆側で分極を妨ぐことができます(減極されます)。
また、オーバーシュート電流はそれ自体、疼いたり、チクチクしたりする感覚閾を超えることはありません。
プラトー電流の振幅は逆にフロントパネルの電流設定によって決定され、組織への低周波インピーダンス(すなわち直流抵抗)により低い位置を保っています。
より長いプラトー電流は、特に電極から離れた組織内の電場において、静電膜容量(閾値下のイオンチャンネルを開くこと)に効果的で、その電流密度は減少します。



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス